仲買手数料の相場を知るためのサイト

あらかじめ知っておきたい仲買手数料の相場

「+6万円」の謎を解き明かす

仲買手数料は「売買価格×3%+6万円×消費税」という計算式で求めることができます。
例えば3000万円で中古住宅を購入した場合は、103万6800円かかるということになります。
意外に高額で、驚いた方も多いのではないでしょうか?
ここで気になるのが「+6万円」という部分です。
実は、仲買手数料は購入価格によって計算式が異なっており、非常に煩雑です。
それらを調整するために生み出されたのが「+6万円」の正体なのです。
この計算式は400万円以上の売却に関して適用されます。
400万円以下の売却に関しては、ネットでも紹介されていますので、興味がある方は一度チェックされておくと良いでしょう。
消費税は現行の8%で計算されますので、将来消費税が引き上げられた場合は、当然総額は高くなります。

仲買手数料の謎

ここで一つの疑問が生じてきます。
仲買手数料は購入する物件の価格によって変動します。
当然、購入する物件が高額であればあるほど、仲買手数料も上がります。
仲買手数料は、物件を売ってくれた不動産業者に対するお礼ですから、日本的な風習であると考えれば、ある意味納得がいきます。
こちらのニーズに合わせて様々な物件を紹介し、案内してくれたり、売り手を見つけてくれたりするわけですから、不動産業者もそれなりの努力をしてくれているからです。

しかし、比較的安い物件であろうが、高額な物件であろうが、不動産業者の手間はそれほど変わるとは思えません。
そして高額な物件であれば当然、不動産業者も多額の売り上げにつながります。
こう考えてくると、高額な物件と安い物件が同じ計算式というのは少し納得がいかないように思いませんか?
そしてこのモヤモヤ感が、「仲買手数料は高い!」というイメージにつながっていると言えます。