仲買手数料の相場を知るためのサイト

仲買手数料の相場は?

仲買手数料の相場とは一体いくらなのか?

仲買手数料は家の価格によって変動しますから、「これが相場」といった決まった金額はありません。
しかし、仲買手数料は不動産業者の収入源になっていることは確かです。
そこで多くの不動産業者が法律で決められた上限の仲買手数料をお客様に請求しているのです。
ですから、上限の仲買手数料が相場であると言えるでしょう。

法律で決められている以上、不動産業者が上限の金額を請求することは違法ではありません。
あなたに合った家を紹介するために、売り出し中の物件を紹介したり、内覧をセッティングしたり、価格交渉に応じたりと、売買活動には様々な活動が必要です。
それらの活動に関する報酬として、仲買手数料を支払うというのは、むしろ自然なことなのかもしれません。

仲買手数料は成功報酬

仲買手数料は、成功報酬です。
購入物件が無事に見つかったとき、不動産業者に支払う「お礼」のようなものです。
ですから、当然ですが物件が見つからなければ仲買手数料は発生しません。
その相場は法律の上限で定められた金額ですが、下限は法律で決められていません。
ですから、上限さえ守ればいくらでも仲買手数料を下げることは可能です。
不動産業者によっては無料や半額にしているところもあります。
そして、下限が決まっていないということは、家を買う側にとっても「仲買手数料の値下げ交渉」ができる余地があるということですから、ダメ元で交渉してみるというのもありです。
その際のポイントは「おたくの会社から必ず買うから、仲買手数料を値引きしてほしい」と契約前に打診してみることです。

仲買手数料は、契約時に半額、引き渡し時に残る半額を払うのが最もポピュラーですから、契約前に確認しておきましょう。